”宝石魔法” が生まれるまで

何千年にもわたるこの宝石との関係で育まれた多くの智慧があるといいます。

その年の採掘量がスリランカ政府によって決められている宝石畑を100〜150m程掘って行くと、採掘のプロは土のバイブレーションで、そこに石があるかどうかわかっているというのです。
土ごと掘り出され山になった採掘物は、アストロジャー(占星術者)によって土を洗う日が決められます。
その日がきたら、ようやく洗浄が開始され、宝石と砂利とにどんどん分別されて行きます。
彼らは、太陽があたった瞬間にそれが宝石かどうかがわかると言います。
次にガス抜きをします。
何億年も土に埋まっているものなので、地表に上げると空気に触れることで割れたりして損傷がおきるので、10日間程水に漬けます。
その後さらに宝石は、寺に運び込まれます。そしてブレッシング(祝福)を与えられるのです。
この宝石が渡った人にいい未来がありますようにと。。。
こうしてたくさんの宝石が、やっとオーナーのもとに届けられるのです。

コメントを残す